出張一気読み(4)ファウンデーションの危機

ファウンデーションの危機 上 (―新・銀河帝国興亡史 1    ハヤカワ文庫SF)ファウンデーションの危機〈下〉―新・銀河帝国興亡史1 (ハヤカワ文庫SF)さら出張で読む。昔読んだものを引っ張りだして再読。アジモフ亡き後、ファウンデーションものがあれで終わりってのはどーよ!ってことで、グレゴリーベンフォード、グレッグベア、デビッド・ブリンと豪華作家陣が続編、というか間を補完する形で執筆した大作3部作の第一部。かつてのアジモフのそれを求めて読み始めると、ワームホールなにそれ、チクタク?、復元人格?と当時のファウンデーションの背景から変わりすぎてない?、戸惑うことしきりだが、まあそれでも続きが気になって一気に読んでしまうこと請け合い。本上下巻だけでも一応の結末をみるが、散りばめまくった複線の数々が気になって全3部を一気に読んでしまいたくなる中毒性は本家に劣りません。